表示データの編集と保存

Mashmatrix Sheetでは、シート内に表示されているデータをそのまま編集し、保存することができます。

表示データの編集と保存は以下の手順に従います。

  1. 編集したいデータが表示されているセルをダブルクリックします(データの種類およびセキュリティ設定などにより編集ができないものがあります)
  2. データの編集を行います。この際、列に対応しているSalesforceデータ型に応じて適切な編集コントロールが表示されます。
    • テキスト入力 – キーボードで任意の文字列の入力が可能です
    • テキストエリア入力 – 複数行にまたがる文字列を入力することができます
    • 日付入力 – 日付ピッカーにて入力が可能です
    • 時間入力 - 時間ピッカーにて入力が可能です
    • ルックアップ入力 – 参照項目に対して、参照先のレコードを検索して入力できます
    • 選択リスト入力 – 選択リストの候補をプルダウンで選択可能です
    • チェックボックス入力 – チェックボックスで編集できます
  3. データを編集した後、変更のあったデータのセルには赤マークが右上に表示されます。
  4. シートフッタに表示されている保存ボタンを押してSalesforceへ変更を保存します。元に戻るボタンをクリックすると最初の状態に戻ります。
    • 保存ボタンを押さないと、Salesforce上には保存されません

連動選択リストの編集

Salesforce上で選択リストに対して連動設定を追加している場合、Mashmatrix Sheetでも選択リストの候補は連動設定にしたがって自動的に絞り込まれます。

「選択肢の編集」によって選択肢候補をカスタマイズして追加している場合は、連動設定には反映されません。

選択リスト項目をシートに追加した後に連動設定を追加または変更した場合は、連動設定は自動的には反映されません。列の設定から「選択肢の編集」>「選択肢の同期」によって手動でSalesforceの連動設定を同期する必要があります。

親関連をたどった項目列の編集

Mashmatrix Sheetでは、シートに表示しているオブジェクトから親方向の参照関連をたどった先にあるオブジェクトに属する項目もシートの列として追加して表示可能です。親オブジェクトの項目を列としてシートに追加した場合、初期設定では列は編集不可に設定されています。

こちらの列に対して「列の設定変更」に記載されているように、「セルを編集可能にする」をチェックすることによって、親オブジェクトの項目の値をシートから直接変更することが可能になります。

本機能追加以前に作成されたシートに含まれている親オブジェクトの項目を参照する列については、「セルを編集可能にする」チェックは有効になりません(再度「列の追加」によって項目を追加する必要があります)

制限事項

  • 現在、編集を有効に設定可能な項目は元のシートのオブジェクトから見て直接の親オブジェクトに属する項目のみとなります。2階層以上の関連を辿った先の項目の編集はできません
  • ある親レコードの項目値を複数のレコードが参照している場合、項目が異なる値に同時に編集されて衝突が発生した際には、シート内で最も下段のレコードで設定された変更値が採用されます
  • 親オブジェクトの項目の値と親レコードへの参照先を同時に変更した場合、参照先の変更のみが適用されます(項目値の変更は破棄されます)

results matching ""

    No results matching ""