値のコピー&ペースト

コピー&ペースト機能を利用して、データの編集作業を効率化することが可能です。

列データの一括更新

コピーした値を列全体に対して一括適用するには、以下の手順に従います。

  1. コピーしたいセルを選択した状態で、キーボードから、Ctrl(macOSの場合はCommand)+C でコピーします。
  2. 一括更新したい列の列ヘッダをクリックし、列全てを選択します。
  3. Ctrl(macOSの場合はCommand)+Vで貼り付け(ペースト)をします。

指定範囲の一括更新

コピーした値を指定した範囲に対して一括適用するには、以下の手順に従います。

  1. コピーしたいセルを選択した状態で、キーボードから、Ctrl(macOSの場合はCommand)+Cでコピーします。
  2. 一括更新したい範囲をShiftキーを押しながらクリックして選択します。
  3. Ctrl(macOSの場合はCommand)+Vで貼り付け(ペースト)をします。

複数セルのコピー&ペースト

複数セルの値をコピーしてシート内の他の場所に適用するには、以下の手順に従います。

  1. コピーしたい範囲をShiftキーを押しながらクリックして選択し、キーボードから、Ctrl(macOSの場合はCommand)+Cを押してコピーします。
  2. コピーした値を適用したい場所の左上隅となるセルを選択し、Ctrl(macOSの場合はCommand)+Vで貼り付け(ペースト)をします。

Excelシートからのコピー&ペースト

Excelシートから値をコピーして、シート内の値に適用するには、以下の手順に従います

  1. Excel上のコピーしたい値をShiftキーを押しながら選択し、キーボードからCtrl(macOSの場合はCommand)+Cでコピーします。このとき、コピーする値はシートに表示されているデータと同じ形式である必要があります。
  2. コピーした値を適用したい場所の左上隅となるセルを選択し、Ctrl(macOSの場合はCommand)+Vで貼り付け(ペースト)をします。新規に作成したレコードに対してペーストした場合は、コピーした件数分の新規レコードが自動的に作成され画面上に追加表示されます。

貼り付け先のシートに参照項目をもつ列が存在する場合、貼り付けられたデータの値をキーとして一致する名前を持つレコードをSalesforceの対象オブジェクトから検索し、レコードに対してリンクを設定します。

貼り付けたデータを名前にもつレコードが存在しない場合、レコードへのリンクは設定されずに灰色で表示され、エラーアイコン[A]が表示されます。

参照先のレコードとして複数候補が見つかった場合、重複アイコン[B]が表示されます。

results matching ""

    No results matching ""