Mashmatrix Sheetでは、あるシート上で選択したレコードに連動して表示が更新されるシートを作成することが可能です。これにより関連リストなどの情報を同時に表示しながら作業することが可能になります。

連動シートを作成するには、以下の2つの方法があります。

分割された領域にシートを追加する

ブックの画面を複数の領域に分割している場合、領域にシートを新規追加する際に「関連リストから作成」タブから作成することで、連動シートを指定した領域に追加できます。

関連リストからシートを新規作成する方法については「シートの新規作成」 を参照してください。

画面の分割については 「ブックの画面分割」 を参照してください。

シートメニューから追加する

ブックの画面を分割していない場合は、連動元になるシートのシートメニューから直接連動シートを作成することが可能です。

  1. 元となるシートのシートメニューから「連動シートを追加」を選択します
  2. 「連動シートを作成」ダイアログが表示されます

  1. 関連リストの一覧 [A] から、連動シートとして表示したいオブジェクトを選択します
  2. 追加先エリア [B] から、連動シートを追加したいエリアを指定します
  3. 「作成」ボタンをクリックします

シートメニューから連動シートを作成すると、シートを表示しているブックの画面レイアウトが自動的に変更されます。

ブックを画面分割している場合は、シートメニューには「連動シートを追加」メニューは表示されません。連動シートを追加したい領域の新規シート作成ボタンをクリックして、通常の「シートの新規作成」手順で作成してください。

追加された連動シートでは、元シート上で選択したレコードに関連しているレコードのみがフィルタされて連動シート内に表示されます。また、元シートのレコードの選択を変更すると、連動シート内の表示が更新されるのが確認できます。

results matching ""

    No results matching ""