ビューの設定

シートの「ビュー」を有効にすると、シート内に表示されている列の並び順や表示幅、書式設定、ソートやフィルタなどの表示条件を「ビュー」として保存しておき、いつでも切り替えることができます。

ビュー機能を有効に設定するには、以下の手順に従います。

  1. シートメニューから「設定」を選択します。
  2. シートの設定変更ダイアログが表示されます。
  3. 「オプション」タブをクリックします。
  4. 「ビューによる切り替えを有効にする」にチェックします。
  5. ダイアログの「保存」ボタンをクリックします。

ビューによる切り替えを有効にすると、シートの上部に以下のようにツールバーが表示されます。

  • [A] ビュー切り替えプルダウン – シートの表示条件を、今までに保存されているビューの中から選択して切り替えます。ビューを選択した後で表示条件を変更した場合はビューの名前に「(変更済み)」のラベルが付加されます。
  • [B] ビューの変更をリセット – 最後に保存したビューの設定に表示条件をリセットします。
  • [C] ビューの変更を保存 – 現在のシートの表示条件をビューの設定に反映し、保存します(公開ビューに対する変更の保存はブックの所有ユーザのみが可能です)。
  • [D] 新しいビューとして保存 – 現在のシートの表示条件を元に、新しくビューを作成し保存します。
  • [E] ビューの名前を変更 – 現在選択しているビューの名前を変更します(公開ビューの名称の変更はブックの所有ユーザのみが可能です)。
  • [F] ビューを公開/非公開 – 現在選択しているビューを公開ビューに、あるいはプライベートビューに設定します(ビューの公開/非公開設定はブックの所有ユーザのみが可能です)。
  • [G] ビューを削除 – 現在選択しているビューを削除します(公開ビューの削除はブックの所有ユーザのみが可能です)。

公開ビューとプライベートビュー

シートの「ビュー」には、「公開ビュー」と「プライベートビュー」が存在します。

「公開ビュー」は、ブックを閲覧可能なすべてのユーザに対して切り替え候補として表示されるビューです。公開ビューを設定できるのはブックの所有者のみとなります。

「プライベートビュー」は、シートを閲覧しているユーザ自身が設定できるビューです。作成したユーザのみビュー切り替えで選択可能となります。

ブックの所有者であればビューはいつでも作成可能であり、必要に応じて公開ビューに設定することが可能となります。公開ビューに設定されたビューは、ブックの共有先設定に準じてユーザに共有されます。

ブック所有者以外の一般ユーザは、シートのオプション設定で「プライベートビューの作成を許可する」が有効の場合のみプライベートビューを作成することが可能です。

results matching ""

    No results matching ""