シートの設定変更

シートの設定を変更するには、以下の手順に従います。

  1. シートメニューをクリックし、「設定」を選択します。
  2. シートの設定変更ダイアログが表示されます。ダイアログ内に「基本情報」「オプション」「フィルタ」「アクション」の4つのタブが表示されます。

基本情報

基本情報タブでは、シートに関する基本的な情報を参照および変更することができます。

  • [A] タイトル – シートのタブに表示されるタイトルを設定します
  • [B] ブックID – ブックのID値を表示します(変更不可)
  • [C] シートID – シートのID値を表示します(変更不可)

ブックIDおよびシートIDは外部アプリケーションとの連携の際に利用できます。詳しくは「カスタマイズ」章を参照して下さい。

オプション

オプションタブでは、シートに関する付加的な設定情報を参照および変更することができます。

  • [A] 1ページあたりの表示レコード数 – シート中に表示するレコードの数を設定します。デフォルト値は200件です。最大1,000件までページ内に表示するように設定することが可能です。
  • [B] 最大取得レコード数 – Salesforceサーバから取得するレコードの最大件数を設定します。デフォルト値は2,000件です。最大10,000件までレコードを取得するように設定することが可能です。
  • [C] 文字の表示サイズ – シートの内容を表示する際の文字(フォント)の大きさを指定します。「極小」「小」「標準」「大」「極大」の5段階で指定可能です。
  • [D] 操作の許可 – シートに対する各種操作の許可/不許可を設定します
    • 新規レコードの作成 - シートの画面から新規にレコードを作成することを許可します。この操作のチェックを外した場合、ページ下部の「新規レコードを追加」リンクが表示されなくなります。またコピー&ペーストでの複製も禁止されます
    • レコードの更新 - シートの画面に表示されているデータを編集・更新することを許可します。
    • レコードの削除 - シートの画面から表示されているレコードを削除することを許可します。
    • レコードのダウンロード - レコードをCSVでダウンロードすることを許可します
  • [E] ロック – シートおよび内包する要素に対する設定をロックします
    • 列の変更(追加/削除を含む)をロック - シートに含まれる列に対して、列の追加・削除やラベルの変更・設定の変更などの設定変更を禁止して保護します。ただし、ソートやフィルタについては列メニューから変更することが可能です。
  • [F] ビュー – ビューについての設定を変更します。詳細については「ビューの設定」を参照して下さい
    • ビューによる切り替えを有効にする - シートの表示条件に関する設定を「ビュー」として保存し、プルダウンから切り替えて利用できるようにします。
    • プライベートビューの作成を許可する - ブックの所有者以外のユーザが、自分のみ参照可能なビューの設定を作成することを許可します。この設定は「ビューによる切り替えを有効にする」にチェックが入っている場合のみチェックできます。

フィルタ

フィルタタブでは、表示するレコードに対するフィルタ設定の変更および確認をすることができます。

  • [A] 表示するレコード – シート内に表示するレコードの対象を指定します。以下のうちのいずれかを選択します
    • すべてのレコード - 組織内のアクセス可能なすべてのレコードを対象とします
    • 私のレコード - ログイン中のユーザが所有するレコードのみを対象とします
  • [B] 適用されているフィルタの一覧 – シートに含まれている列のフィルタ設定によって現在適用されているフィルタ情報が一覧で表示されます。

各フィルタのメニューから [C]フィルタの無効化 を選択することで、一時的にフィルタを無効にすることが可能です。無効になっているフィルタは薄いグレーで表示されます。

また、各フィルタのメニューから [D]フィルタの解除 を選択することで、フィルタを解除することが可能です。

フィルタグループ

適用されているフィルタの一覧から、新たにフィルタグループを作成できます。フィルタグループは、複数のフィルタをグループとしてまとめることによって、同一グループ内に含まれているフィルタのうちいずれかを満たすことを条件としてフィルタを適用します。

新たにフィルタグループを作成するには、以下の方法で行います。

  1. 適用されているフィルタの一覧の中から、フィルタグループに追加したいフィルタを選び、メニューから「新しいグループを作成」を選択します [a]
  2. フィルタ一覧の中にフィルタグループが作成され、選んだフィルタがグループの中に表示されます [b]

  3. 一覧の中からもう一つフィルタグループに追加したいフィルタを選び、メニュー内の「グループに追加」リストから追加するグループ名を選択します [c]

  4. フィルタグループの中にフィルタが追加されて表示されます [d]
  5. 3 - 4.の手順をグループに追加するフィルタの数だけ繰り返します
  6. 「保存」ボタンを押します
  7. 列ヘッダ上ではグループ化されたフィルタに番号が表示され、グループ化されていることが示されます [e]

フィルタグループからフィルタを除外するには、以下の手順に従います。

  1. フィルタグループ内に表示されているフィルタのうち、除外したいフィルタのメニューから「グループから外す」を選択します。
  2. 該当のフィルタがフィルタグループの外側に表示されます。フィルタが存在しなくなったグループは自動的に消去されます。
  3. 「保存」ボタンを押します。

アクション

アクションタブでは、シートフッタに配置するアクションボタンを設定することができます。

  • [A] 配置されているアクションボタン – シートフッタに表示されるアクションボタンの一覧をリスト表示します。リスト内の各アイテムをクリックすることでアクションボタンを選択できます
  • [B] 選択したアクションボタンを前へ移動/後へ移動 – 選択したアクションボタンの表示順を前後に入れ替えます
  • [C] 選択したアクションボタンを削除 – 選択したアクションボタンをリストから削除します
  • [D] アクションボタンを追加 – アクションボタンをリストに追加します。アクションの選択ダイアログが表示され、実行するアクションの種類を選択してリストに追加します。
  • [E] アクションボタンのプロパティ – 選択されているアクションボタンのプロパティを表示し、設定値を変更します。アクションの種類によって設定可能なプロパティが異なります。詳しくは「アクションに関する機能」章を参照して下さい。

results matching ""

    No results matching ""