カスタムアクション

URLを開く

あらかじめ指定したURLを新規ウィンドウで開きます。その際、選択したレコードの項目情報をパラメータとして引き渡すことができます。

「URLを開く」アクションボタンには以下のプロパティを設定できます。

  • ボタンの表示ラベル – ボタンの中に表示するラベルをカスタマイズして設定します
  • ボタンの表示アイコン – ボタンの中のラベル横に表示するアイコンを設定します
  • ページのURL – ボタンを押した際に開くページのURLを設定します

「詳細設定」リンクをクリックすることで、「URLを開く」アクションの詳細設定を編集することができます。

  • URLパラメータ値のマッピング [A] – ページURLを開く際に受け渡すパラメータとレコードの項目名のマッピングを設定します。「URLパラメータを追加」ボタンをクリックして複数のパラメータを設定できます。
  • URLリクエストメソッド [B] – ページURLにアクセスする際のHTTPメソッドを指定します。GETメソッドでアクセスする場合、URLパラメータはクエリ文字列としてURLに付加されて渡されます。
  • 配列値のシリアライズ方法 [C] – 複数レコードが選択されているとき、項目値をパラメータで渡す際の方法について設定します。
    • コンマ区切り - 値をすべてコンマ(,)で連結した形でパラメータに渡します。例えばパラメータ名が id で 、選択されたレコードの項目値が AAA, BBB, CCC である場合、ページURLへ送信されるパラメータのフォーマットは id=AAA,BBB,CCC という形式になります。
    • パラメータを多重化 - 同一のパラメータ名で複数のURLパラメータを送信します。例えばパラメータ名が id で、選択されたレコードの項目値が AAA, BBB, CCC である場合、ページURLへ送信されるパラメータのフォーマットは id=AAA&id=BBB&id=CCC という形式になります。
    • 配列インデックスを付与 - パラメータ名に配列のインデックスを付けた形でURLパラメータを送信します。例えばパラメータ名が id で、選択されたレコードの項目値が AAA, BBB, CCC である場合、ページURLへ送信されるパラメータのフォーマットは id[0]=AAA&id[1]=BBB&id[2]=CCC という形式になります。

results matching ""

    No results matching ""