Apex / Visualforce / フローの起動

カスタムアクション機能を利用することで、Salesforce上で開発したApexコードおよびVisualforceページやフロー(Visual Workflow)をSheetから呼び出すことも可能です。

Visualforceページを呼び出すには、「URLを開く」アクションからページURLに以下の形式でURLを入力します。

/apex/{Visualforceページの名前}

管理パッケージに含まれるVisualforceページなど、名前空間を持っている場合には、以下の形式でURLを入力します。

/apex/{名前空間プレフィックス}__{Visualforceページの名前}

アクションの詳細設定からパラメータ名を適切に指定します。VisualforceページのApexコントローラからは以下のコードでパラメータ値を取得することが可能です。

ApexPages.currentPage().getParameters().get(‘id’);

Visual Workflowを起動する場合、入力指定されているフロー変数の名前をURLパラメータに指定することでSheetからパラメータをフローに受け渡すことができます。

フローを起動するURLは以下の形式になります。

/flow/{フローの名前}

アクションの詳細設定から、フロー変数名をパラメータ名として適切に指定します。なおURLリクエストメソッドはGET、配列値のシリアライズ方法には「パラメータを多重化」を選ぶ必要があります。

results matching ""

    No results matching ""